hanareでしか味わえないデセールたち

日高パティシエールのプリンショート

¥583 / 単品
¥1,023 / セット

お子さまから大人の方まで 皆さまに楽しんでいただけるよう思いを込めて

カフェhanareのデザートに、お子さまから大人の方まで、皆さまにお楽しみいただけるプチガトー「プリンショート」が登場しました。生みの親は、シェフ小山のアシスタントとして腕を磨いてきた日高パティシエール。自身がパティシエールを目指した原点に立ち返り、子どもの頃から大好きだというプリンを題材にして、「食べた誰もが笑顔になるような美味しいケーキをつくろう」と、試行錯誤を重ね、時にシェフ小山のアドバイスを受けながら味と食感のバランスを調整し、創り出したのがこちらのケーキです。名前も見た目もその通り、上の層一面にプリンそのものを使った目を引くヴィジュアル。はちみつが入ったふわふわで軽い口当たりのジェノワーズ生地を三層にして、間にはコクがありながらすっきりとした後口の生クリームとの一体感を演出する、マダガスカル産バニラの上品で甘い香りを閉じ込めたクレームブリュレのババロワをサンド。さらに、プリンには欠かせないカラメルをジュレにして、全体の味を引き締めるアクセントとしてセンターに配しました。シンプルだからこそ「また食べたい」と思っていただけるような、飽きのこないやさしい味わいをお楽しみください。

※お召し上がりの際には、季節のソルベやグラス(アイスクリーム)
を添えてお出ししています。

「hanareの定番になるような新しいケーキを考えてみて」というのが私に与えられた課題でした。それを踏まえてはじめに提案したのが、チョコレートを使ったケーキ。「エスコヤマなら、定番としてチョコレートのケーキがあってもおかしくないはず」という考えがあったのですが、試作品を持っていったときに「季節を問わず、楽しんでいただけるケーキにしないと」というアドバイスをいただき、イチから練り直し、「昔から自分が好きな『プリン』をケーキにしたら、季節関係なく、お子様から大人の方まで楽しんでいただけるのではないか」と思って生み出したのが、この「プリンショート」でした。9年間、小山シェフのモノづくりを間近で見て、学んできたことを活かし、感謝の気持ちを込めてつくらせていただきました。